渡辺紘文監督作品集 ★『あなたの微笑み』とあわせて観よう!
© cinemadrifters

渡辺紘文監督作品集 ★『あなたの微笑み』とあわせて観よう!

上映スケジュール

2023/2/24(金)〜3/2(木)

連日 18:50-(終映時間は作品によって異なります)

2/24(金)『七日』
2/25(土)『プールサイドマン』
2/26(日)『地球はお祭り騒ぎ』
2/27(月)『七日』
2/28(火)『プールサイドマン』
3/1(水)『地球はお祭り騒ぎ』
3/2(木)『そして泥船はゆく』
*3/2終了

『あなたの微笑み』上映情報は▶こちら◀

料金

通常料金設定

公式サイト

2/17(金)より上映開始リム・カーワイ監督『あなたの微笑み』の主演をつとめる渡辺紘文監督。
映画制作集団〈大田原愚豚舎〉として地元の栃木県大田原市で独特すぎる映画を作り続けている。

『あなたの微笑み』劇中で、自作を各地の映画館に上映してもらうため行脚するその姿は強烈な印象を受けます。

これはリアルかフィクションか?はい、渡辺監督は現実に存在します。
その作品やいかに!?はい、それがこちらになります。

東京国際映画祭をはじめ、数々の国際映画祭で評価を受けながらも、
あまり劇場で観ることがかなわなかった作品群を日替わりで上映します。

どれもすさまじいです。一度観たらわかります。

見よ!これが世界のWATANABEだ!

 


 

作 品 紹 介

 


 

そして泥船はゆく

2013年/日本/88分

栃木県大田原市。
祖母とふたりで暮らす無職の男・平山隆志は、無気力で自堕落な日々を送り続けている。
ある日、他界した父の娘を名乗る少女が隆志のもとを訪ねてきて…。。
映画監督・渡辺紘文と映画音楽家・渡辺雄司による映画制作集団「大田原愚豚舎」の第一回作品。
俳優・渋川清彦はこの映画で自身初となる主演を務めた。

2013年・第26回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門正式出品作品。

3/2(木)上映

 
 
 
 
 
 
 
 

 


 

七日

2015年/日本/110分

映画制作集団 大田原愚豚舎による長編映画第2作。

北関東郊外の農村。
時代から置き去られたような牛舎で日々黙然と働く男は、年老いた祖母とふたりで暮らしている。
目覚め、働き、食べ、眠る。
太陽が輝き、雨が降り、風が吹き荒れる。
自然の中で繰り返されるふたりの七日間の生活が、台詞を一切排した白黒映像で静謐に、時に執拗に描写される。

2015年・第28回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門正式出品作品。

2/24(金)、2/27(月)上映

 
 
 
 
 
 
 
 

 


 

プールサイドマン

2016年/日本/117分

映画制作集団 大田原愚豚舎による長編映画第3作。
北関東郊外にある小さな町で屋内温水プールの監視員として働いている水原勇介。
家族、友人、恋人もいない彼は、自宅と温水プールを往復する単調で孤独な毎日を送っていた。
ある日、流行り病により隣町のプールで欠員が出る。
応援要員として隣町のプールへ向かうこととなった水原は、嫌われ者の同僚・白崎浩二とともに出勤することとなるが…。

2016年・第29回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品され、同部門において最高賞に当たる作品賞を受賞。

2/25(土)、2/28(火)上映

 
 
 
 
 
 
 
 

 


 

地球はお祭り騒ぎ

2017年/日本/116分

北関東郊外の小さな町。
電子機器を扱う小さな町工場で働く本田光は、愛犬のリンゴと穏やかな生活を送っている。
ある日、本田は同僚のビートルズマニア・平山隆文とともに、東京ドームで開催されるポール・マッカートニーの来日コンサートへ行くことになるのだが…。
コンサートへ向かうふたりのビートルズマニアの静かな生活と奇妙な旅路を通し、生きることのおかしさ、悲しさ、騒がしさを描いた珠玉のロードムービー。

2017年・第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門正式出品作品。

2/26(日)、3/1(水)上映

 
 
 
 
 
 
 
 

 


 

リム・カーワイ監督×渡辺紘文主演
映画を愛する者が夢と現を行き来しながら映画館をめぐる全国行脚のロードムービー
『あなたの微笑み』2/17(金)よりロードショー!