イベント

EVENT

みんなのしつもん 教えて!松居大悟監督!『君が君で君だ』『アイスと雨音』一挙上映企画
NOBODY issue47 刊行記念イベント 「映画の絶対的な新しさのために」、NOBODYは再起動する。 雑誌『NOBODY』は、濱口竜介、三宅唱をどう見てきたか

2018.10.13()

NOBODY issue47 刊行記念イベント 「映画の絶対的な新しさのために」、NOBODYは再起動する。 雑誌『NOBODY』は、濱口竜介、三宅唱をどう見てきたか

【イベント内容】 2001年の創刊以来、雑誌『NOBODY』は数多くの映画監督、俳優、技術スタッフ、批評家など映画人たちへのインタビューや映画批評を掲載し、映画の現在の言葉を届け続けてきました。 『NOBODY』は、メジャーの映画雑誌が取り…
【CAVABOOKS】『回転草』×『眼がスクリーンになるとき』刊行記念トークイベント ——書くひとと書かれたひとは書かれたもののなかで手をつなげるか?——

2018.10.7()

【CAVABOOKS】『回転草』×『眼がスクリーンになるとき』刊行記念トークイベント ——書くひとと書かれたひとは書かれたもののなかで手をつなげるか?——

【イベント内容】 大前粟生と福尾匠、ともに92年生まれのふたりが先ごろ単著を刊行した。『回転草』(書肆侃侃房)と『眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』』(フィルムアート社)。一方は短編小説集、他方はドゥルーズの『シネマ…
「テレビ成長期の日本映画」(名古屋大学出版会)刊行記念トークイベント :映画とメディアのこれまで、これから
開催終了

2018.7.13()

「テレビ成長期の日本映画」(名古屋大学出版会)刊行記念トークイベント :映画とメディアのこれまで、これから

今年の春に『テレビ成長期の日本映画』(名古屋大学出版会)を出版した北浦寛之さん(京都大学)。テレビと映画、新旧メディアの間でくりひろげられた「交渉」のドラマを、テレビvs映画というこれまでのイメージを超えて描きました。 最近では、huluや…
『カミーユ』(書肆侃侃房)刊行記念 大森静佳×林和清 「短歌をよむ、映画をかたる」
開催終了

2018.6.24()

『カミーユ』(書肆侃侃房)刊行記念 大森静佳×林和清 「短歌をよむ、映画をかたる」

第2歌集『カミーユ』 を刊行されたばかりの大森静佳さんと、 第4歌集『去年、マリエンバートで』を昨年刊行された林和清さんに、 映画と短歌をめぐってトークイベントを行っていただきます。 お互いの歌集や好きな映画についてじっくり語ってもらいつつ…