イベント

EVENT

岡藤真依 漫画単行本「少女のスカートはよくゆれる」出版記念展
PAGE 2 / 7
ベルリンの壁崩壊30周年記念上映 東ドイツ映画『パウルとパウラの伝説』作曲家トーク
開催終了

2019.12.4()

ベルリンの壁崩壊30周年記念上映 東ドイツ映画『パウルとパウラの伝説』作曲家トーク

ベルリンの壁崩壊から30年、東ドイツの若者の日常を描いたカルト映画『パウルとパウラの伝説』の作曲家、ペーター・ゴットハルト氏が来日し、東ドイツのロックバンド、プディーズを大ヒットさせた本作の魅力について語ります。 登壇:ペーター・ゴットハル…
【出町座映画講座】『サタンタンゴ』京都公開記念トーク vol.2 早稲田みかさん
開催終了

2019.10.22()

【出町座映画講座】『サタンタンゴ』京都公開記念トーク vol.2 早稲田みかさん

日本に数少ないハンガリー語学研究者で、今回の『サタンタンゴ』パンフレットにも寄稿、また本作の原案・脚本を書いたクラスナホルカイ・ラースローが京都に滞在して執筆した小説『北は山、南は湖、西は道、東は川』(松籟社)の翻訳も手がけた早稲田先生によ…
『よい移民:現代イギリスを生きる21人の物語』(創元社)刊行記念イベント<br>~移民社会イギリスの経験から何を学ぶべきか?~
開催終了

2019.10.18()

『よい移民:現代イギリスを生きる21人の物語』(創元社)刊行記念イベント
~移民社会イギリスの経験から何を学ぶべきか?~

【内容紹介】 「私たちがポピュラー・カルチャーで活躍したり、競技会で勝利したり、おいしいケーキを焼いたり、良心的な医者になったりすることで、人びとの意識の中の一線を越えて「よい移民」になるまで、社会は私たちを「わるい移民」――仕事泥棒、福祉…
『この映画を視ているのは誰か?』(作品社)刊行記念トーク in 京都<br>~映画を視ている誰かは何を視ているのかについて語るときにわたしたちの語ること~
開催終了

2019.10.6()

『この映画を視ているのは誰か?』(作品社)刊行記念トーク in 京都
~映画を視ている誰かは何を視ているのかについて語るときにわたしたちの語ること~

登壇:佐々木敦さん × 西田博至さん 日時:2019年10月6日(日)17:45開場/18:00開始(19:30終了予定)★終了後、刊行書籍著者サイン会を予定。 会場:出町座フリースペース 参加費:1000円/定員:50名/メール予約あり(…
マキシム・クロンブ『ゾンビの小哲学』(人文書院)&ロージ・ブライドッティ『ポストヒューマン』(フィルムアート社)刊行記念トークイベント ~ゾンビとポストヒューマン~
開催終了

2019.9.13()

マキシム・クロンブ『ゾンビの小哲学』(人文書院)&ロージ・ブライドッティ『ポストヒューマン』(フィルムアート社)刊行記念トークイベント ~ゾンビとポストヒューマン~

爆発的に拡大するゾンビコンテンツと、現代思想のホットトピックとなっているポストヒューマン論。 ゾンビをポスト人間的存在として捉えれば、両者は深いところで交叉するのではないか。 二冊の訳者と、『ゾンビ学』(人文書院)の岡本健さんを迎え語ります…
出町座映画講座:『旅のおわり世界のはじまり』上映記念レクチャー「黒沢清のリアリズムについて」北小路隆志さん
開催終了

2019.8.17()

出町座映画講座:『旅のおわり世界のはじまり』上映記念レクチャー「黒沢清のリアリズムについて」北小路隆志さん

現在の映画界において最重要であり続ける黒沢清監督の新作『旅のおわり世界のはじまり』上映を記念して、北小路隆志さんに黒沢映画における力学を考察するレクチャーをして頂きます。ますます研ぎ澄まされ、みずみずしさすら湛える黒沢映画の新境地『旅のおわ…