ヴィクラムとヴェーダ *2022ヒンディー版 & タミル版特別上映
© Y Not Studio and the others all rights reserved.

ヴィクラムとヴェーダ *2022ヒンディー版 & タミル版特別上映

上映スケジュール

2024

料金

通常料金設定

公式サイト

2017タミル映画『ヴィクラムとヴェーダー』も特別上映決定!

永遠に問われる 善と悪の境界線!

2017年、リリース年を震撼させた犯罪サスペンス「ヴィクラムとヴェーダー」タミル語版のヒンディー語リメイク。
当作品は2022年9月30日に世界中で劇場公開され、日本では2022年12月に第4回インド大映画祭にてプレミア上映された。
批評家や観客から大きな評価を得て、監督、撮影、脚本、音楽、サイフ・アリー・カーンとリティク・ローシャンの演技が注目され、第68回フィルムフェア賞では、主演男優賞(リティク・ローシャン)を含む8部門にノミネートされ、最優秀アクション賞を受賞。オリジナルである『ヴィクラムとヴェーダー』タミル語版の舞台設定はタミル・ナードゥ州チェンナイだったが、ヒンディー語リメイク『ヴィクラムとヴェーダ』ではウッタル・プラデーシュ州ラクナウとカーンプルに変更された。

古くから伝承されたインドの説話集「屍鬼二十五話」(死体に取りついたヴェーターラがトリヴィクラマセーナ王に聞かせる25話。各話の最後にヴェーターラが問答を仕掛け、トリヴィクラマセーナ王がそれに答えるという形式)をなぞっており、冒頭のアニメーションパートがそれを反映している。上記説話集を基にしながら、アクションを融合させた作風と「生ける彫刻」と称されるリティク・ローシャンが演じるヴェーダの酒場シーンはインド国内外で大きな話題を呼んだ。
 

*オリジナルであるタミル語版を「ヴィクラムとヴェーダー」、当作品であるヒンディー語版を「ヴィクラムとヴェーダ」とタイトル表記して区別している。
 

 


 


 

2017タミル映画『ヴィクラムとヴェーダー』特別上映あり!

***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

『ヴィクラムとヴェーダ」ヒンディー語版
2022年/インド/ヒンディー語/157分/シネスコ/5.1ch /DCP 原題:Vikram Vedha

出演:リティク・ローシャン、サイフ・アリー・カーン

監督・脚本:ブシュカル&ガーヤトリ
制作:S・シャシカーント 他
撮影:P・S・ヴィノード
編集:リチャード・ケヴィン・A
音楽:サム・C・S

***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

『ヴィクラムとヴェーダー』タミル版
2017年/インド/140分

出演:R・マーダヴァン、ヴィジャイ・セードゥパティ、シラダ・スリナス、ヴァララクシュミ・サラトクマル

監督・脚本:ブシュカル&ガーヤトリ
製作:S・シャシカーント
撮影:P・S・ヴィノード
音楽:サム・C・S
編集:リチャード・ケヴィン・A

***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

配給:特定非営利活動法人 インド映画同好会