マリア 怒りの娘
© Felipa S.A. - Mart Films S.A. de C.V. - Halal Scripted B.V. - Heimatfilm GmbH + CO KG - Promenades Films SARL - Dag Hoel Filmprooduksjon as - Cardon Pictures LLC - Nephilim Producciones S.L. ‒ 2022

マリア 怒りの娘

上映スケジュール

2024/3/29(金)〜

料金

通常料金設定

公式サイト

ニカラグアに存在する国家最大級のゴミ捨て場ラ・チュレカ。
母の不在に直面する少女マリアの姿をリアリスティックに、その内なる世界を幻想的に交えながら描き出す。

 

 


 

トロント国際映画祭ディスカバリー部門選出
これまで製作された⻑編映画はわずか数本 中米ニカラグアから誕生した鮮烈なデビュー作

メキシコ、グアテマラの南に位置する中米の国ニカラグア。独裁政権や内戦が⻑らく続いた影響で経済は停滞し、いまなお貧困が大きな課題となっている。国内で製作された⻑編映画はこれまでわずか数本で、『マリア 怒りの娘』はニカラグア出身の女性監督による初めての作品である。
ローラ・バウマイスター監督は1983年ニカラグアに生まれ、メキシコの国立映画学校で映画制作を学んだ。2014年に制作した短編『Isabel Im Winter』が2014年カンヌ映画祭批評家週間で上映された実績を持つ。初の⻑編作品となった本作では、ニカラグアの首都マナグアに存在する国家最大級のゴミ捨て場ラ・チュレカを舞台に、母の不在に直面する少女マリアの姿をリアリスティックに、その内なる世界を幻想的に交えながら描き出す。アルフォンソ・キュアロンやクリストファー・ノーランなどこれまでも数多くの偉大な監督を発掘してきたトロント映画祭ディスカバリー部門に選出され、2022年秋にワールドプレミア上映されて高く評価された。
主人公マリア役にはアラ・アレハンドラ・メダルが抜擢された。当初はエキストラの一人として参加予定だったが、コロナによる撮影の延期で主人公役の少女が成⻑して役に合わなくなり、白羽の矢が立った。実際にマリアと似た境遇で生まれ育ったアラが、たくましく生きるマリアを圧倒的な存在感で演じている。ニカラグアを象徴する美しい湖と、湖畔に広がる大量のゴミ集積場__。壮大な自然と人間が生み出す人工物という対照的な光景は、環境問題への強烈なメッセージを放つ。苛酷な環境においても誇りを持って生きようとする母と子の姿は、観る者の心を震わせることだろう。

 


 

2022年/ニカラグア、メキシコ、オランダ、ドイツ、フランス、ノルウェー、スペイン/91分
スペイン語/原題:LA HIJA DE TODAS LAS RABIAS

監督:ローラ・バウマイスター
出演:アラ・アレハンドラ・メダル、バージニア・セビリア、カルロス・グティエレス、ノエ・エルナンデス、ダイアナ・セダノ