【特集】愛すべきアキ・カウリスマキ

上映スケジュール

2024/3/1(金)〜

3/1(金)19:00-『白い花びら』(20:20終)
3/2(土)18:40-『過去のない男』(20:20終)
3/3(日)19:00-『街のあかり』(20:20終)
3/4(月)18:40-『希望のかなた』(20:20終)
3/5(火)19:00-『白い花びら』(20:20終)
3/6(水)18:40-『過去のない男』(20:20終)
3/7(木)19:00-『街のあかり』(20:20終)

3/8(金)18:45-『浮き雲』(20:25終)
3/9(土)19:15-『マッチ工場の少女』(20:26終)
3/10(日)18:45-『罪と罰』(20:25終)
3/11(月)19:15-『愛しのタチアナ』(20:25終)
3/12(火)18:45-『浮き雲』(20:25終)
3/13(水)19:15-『マッチ工場の少女』(20:26終)
3/14(木)18:45-『罪と罰』(20:25終)

*以降も続映

料金

当日一般:1500円
ほか通常割引設定。

【リピーター割引】
本特集の半券(出町座のものに限る)ご提示で1000円に割引!

最新作『枯れ葉』公開を記念して、アキ・カウリスマキ監督作品を特集上映!
「労働者3部作(『バラダイスの夕暮れ』『真夜中の虹』『マッチ工場の少女』)に連なる第4作目」と監督が位置付ける『枯れ葉』は『街のあかり』のヤンネ・フーティアイネンや『希望のかなた』のヌップ・コイヴが重要な役で登場するなど、他の作品との関連が随所に見られる集大成的な作品でもあります。有機的に関連しあうカウリスマキ・ユニヴァースをスクリーンでご体験あれ!



■上映作品
『罪と罰』 1983年/フィンランド/カラー/93分
『カラマリ・ユニオン』 1985年/フィンランド/モノクロ/80分
『パラダイスの夕暮れ』 1986年/フィンランド/カラー/74分
『ハムレット・ゴーズ・ビジネス』 1987年/フィンランド/モノクロ/89分
『真夜中の虹』 1988年/フィンランド/カラー/73分
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』 1989年/フィンランド+スウェーデン/カラー/79分
『マッチ工場の少女』 1989年/フィンランド+スウェーデン/カラー/69分
『コントラクト・キラー』 1990年/フィンランド+イギリス+ドイツ+スウェーデン/カラー/80分
『ラヴィ・ド・ボエーム』 1991年/フランス+イタリア+スウェーデン+フィンランド/モノクロ/103分
『愛しのタチアナ』 1993年/フィンランド/モノクロ/62分
『トータル・バラライカ・ショー』 1993年/フィンランド/カラー/55分
『レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う』 1993年/仏+伊+スウェーデン+フィンランド/カラー/94分
『浮き雲』 1996年/フィンランド/カラー/95分
『白い花びら』 1999年/フィンランド/モノクロ/音楽付きサイレント/78分
『過去のない男』 2002年/フィンランド/カラー/97分
『街のあかり』 2005年/フィンランド/カラー/79分
『希望のかなた』 2017年/フィンランド/カラー/98分