ワンダーウォール 劇場版
© NHK

ワンダーウォール 劇場版

上映スケジュール

2020/4/10(金)〜

4/10(金)〜4/12(日)16:50(〜18:00終)/21:35(〜22:45終)
4/13(月)〜4/16(木)10:05(〜11:15終)/13:30(〜14:40終)
4/17(金)〜4/19(日)11:45(〜12:55終)/18:25(〜19:40終)
4/20(月)〜4/23(木)11:45(〜12:55終)/14:35(〜15:50終)
*以降も続映。

料金

通常料金設定

【『ワンダーウォール 劇場版』京都特別先行上映】
NHKの連続テレビ小説『カーネーション』や特集ドラマ『その街のこども』などの渡辺あやが脚本を手がけ、NHKで放送されるや大きな反響を呼んだドラマが劇場版に。大学の学生寮存続を訴え、本当の自由や豊かさを求める若者たちが見えない壁に直面する葛藤を等身大で描く、今観るべき意欲作。全国劇場公開に先駆けここ京都で特別先行上映が決定!本作脚本の渡辺あやさんがご来場、ライター・編集者の小柳帝さんにつとめて頂き、アフタートークを実施します。

3/20(金・祝)17:50開場/18:00開始 会場:出町座

『ワンダーウォール 劇場版』本編68分+アフタートーク30分(Q&Aあり)
登壇:渡辺あやさん(本作脚本)、聞き手:小柳帝さん(ライター)

参加方法:出町座通常料金設定にて当日券のみ発券。券売機でチケットをお求めの上、受付で座席指定ください。定員に達し次第売り止めとなります。

公式サイト

ここがあってよかった。
そんな未来を探している。

京都の片隅に歴史ある学生寮〈近衞寮〉の存続をめぐり、建て替えたい大学側とどうしても残したい学生たちの間に、ある日「壁」ができた__。渡辺あや脚本、京都発地方ドラマ『ワンダーウォール』が、劇場版としてスクリーンに登場!大きな力に居場所を奪われようとしている若者たちの、純粋で不器用な抵抗。その輝きと葛藤の物語。

2018年にドラマとして放送された後、SNSなどで多くの反響をよび、公式写真集やトークショーが行われるなど 異例の広がりをみせた本作。映画『ジョゼと虎と魚たち』や『その街のこども』の渡辺あやが手掛けたオリジナル脚本に、1500人のオーディションから選ばれた須藤蓮、岡山天音、三村和敬、中崎敏、若葉竜也、成海璃子らが参加。そして今回の映画化にあたり、未公開カットを追加。『全裸監督』ほか数々の映画、ドラマを手がける音楽の岩崎太整が、ドラマ版の続きとなるテーマ曲を書き下ろし、クライマックスには”ドラマに共感した人”が参加したセッションが実現。大きな力に居場所を奪われようとしている若者たちの、純粋で不器用な抵抗。その輝きと葛藤の物語。

2020年/日本/68分

監督:前田悠希 脚本:渡辺あや
音楽:岩崎太整
制作統括:寺岡環
撮影:松宮拓 照明:宮西孝明 録音:中村真吾
衣装:松本和子 ヘアメイク:福岡由美
編集:大庭弘之
サウンドデザイン:畑奈穂子
キャラクターデザイン:澤田石和寛
スチール:澤寛
宣伝美術:trout
劇場版プロデューサー:上野遼平
製作・著作:NHK
企画:2020「ワンダーウォール」上映実行委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS

出演:須藤蓮、岡山天音、三村和敬、中崎敏、若葉竜也、山村紅葉、二口大学、成海璃子