オラファー・エリアソン 視覚と知覚
© Jacob Jørgensen, JJFilm, Denmark

オラファー・エリアソン 視覚と知覚

◆ 上映スケジュール

2/10(土)〜2/23(金)

2/10(土)〜2/15(木)14:25
2/16(金)14:05
2/17(土)20:35
2/18(日)〜2/23(金)21:15
*2/23(金)で上映終了。

◆ 料金

通常料金設定。

2/10(土)14:25の回、本編上映後トーク
登壇:小崎哲哉さん(『REALKYOTO』編集長)

★トークは映画ご鑑賞のかた、無料でご参加いただけます。

公式サイト

ニューヨークに滝をつくるー
現代アートシーン最重要人物が仕掛けた、
時間と空間、観客と映画のアート・エクスペリエンス。

“21世紀の現代アートに最も影響をおよぼす一人”として世界中から評される、デンマークの現代美術家“オラファー・エリアソン”。本作品では、彼がNY市イースト川につくった巨大な滝「ザ・ニューヨークシティー・ウォーターフォールズ」(展示期間:2008年6月26日〜10月13日/総制作費約17億円/世界55カ国・140万人鑑賞/経済効果75億円超)の制作過程や、金沢21世紀美術館の出展作品、さらにはドイツにあるスタジオの貴重な映像も公開します。また作品のみならず、アメリカ・ドイツ・アイスランドなど、創作や講演で世界中を駆け巡る姿にもフォーカスしました。劇中、オラファーが視聴者に語りかけながら行う視覚的実験や、日本にほぼ文献がない彼の芸術論は、記憶に残る貴重なシーンとなります。“視覚と知覚”、“自然と人工”、“理論と哲学”、“主観と客観”。さまざまな概念の境界線を、巧みな言葉で飛び越え展開される彼の理論は、芸術論にとどまらず、人間の本能を揺さぶります。枠を超え、概念に縛られることなく、“実験”というスタイルですべての視聴者に問いかける。オラファー・エリアソンが映画を通じて生み出した新しい世界がここにあります。

2009年/デンマーク/英語、デンマーク語/77分/原題:Olafur Eliasson : Space is Process

監督:ヘンリク・ルンデ、ヤコブ・イェルゲンセン
出演:オラファー・エリアソン