Hand of God 神の手が触れた日

上映スケジュール

2022

料金

通常料金設定

公式サイト

アカデミー賞賞受賞歴を持つ脚本家・監督のパオロ・ソレンティーノ(『イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-』『グレート・ビューティー 追憶のローマ』『ピウス13世 美しき異端児』)が、1980年代の激動のナポリを舞台に、少年ファビエット・スキーザの成長を描く物語。伝説のサッカー選手ディエゴ・マラドーナが街にやってきた喜び、そして予想もしなかったような悲しみ。運命に導かれ、ファビエットの未来が動き出す。運命と家族、スポーツと映画、愛と喪失のエッセンスが凝縮された、ソレンティーノ監督の自伝的作品。2021年ベネチア国際映画祭にて銀獅子賞(審査員大賞)、マルチェロ・マストロヤンニ賞(主演:フィリッポ・スコッティ)受賞。東京国際映画祭 ガラ・セレクション部門出品作品。

2021年/Italy/135分
原題:E stata la mano di Dio

出演:フィリッポ・スコッティ、トニ・セルビッロ、テレーザ・サポナンジェロ、マーロン・ジュベール、ルイーザ・ラニエリ、レナート・カルペンティエリ、マッシミリアーノ・ガッロ

監督・脚本:パオロ・ソレンティーノ
製作:ロレンツォ・ミエーリ、パオロ・ソレンティーノ
製作総指揮:リカルド・ネリ、エレナ・レッキア
撮影:ダリア・ダントニオ
編集:クリスティアーノ・トラバリョーリ